-ic

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

ic 、 IC 、  、 -ić 、 -ič 、 iċ- 、および -iĉ- も参照。

英語[編集]

異綴[編集]

語源[編集]

接尾辞[編集]

-ic (形容詞形成接尾辞)

  1. 名詞に付され「~の性質を有する」等の形容詞を作る。
    Cyrillic
    acidic
  2. 化学 接尾辞-ous をもつ場合より原子価の高いことを示す(日本の化学用語では、"-ic"のものが標準であり、"-ous"が付された場合、「」が付される)。
    sulphuric acid (H2SO4 硫酸)
    sulphurous acid (H2SO3 亜硫酸)

用法[編集]

  • 基本的にギリシア語系、ラテン語系の語に付されるが、その他の言語形の語にもしばしば付される。

関連語[編集]

参照[編集]


カタルーニャ語[編集]

語源 1[編集]

接尾辞1[編集]

-ic 男性 (女性 -ica)

  1. 名詞に付され「~の性質を有する」等の形容詞を作る。

接尾辞2[編集]

-ic 男性

  1. (化学) 接尾辞-ous をもつ場合より原子価の高いことを示す。

語源 2[編集]

接尾辞[編集]

-ic 男性

  1. 名詞に付して指小辞を作る。

ルーマニア語[編集]

語源[編集]

接尾辞[編集]

-ic 男性 (形容詞形成接尾辞 女性, -ică 複数, -ici 女性 複数, -ice)

  1. 名詞に付され「~の性質を有する」等の形容詞を作る。