釈迦

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

釋迦 および 释迦 も参照。

日本語[編集]

固有名詞[編集]

(しゃか、(古)さか)

  1. (仏教) 仏教開祖ゴータマ・シッダールタ通称

発音[編集]

シャ↘カ

語源[編集]

類義語[編集]

関連語[編集]

名詞[編集]

  1. (俗語 「お釈迦」「お釈迦になる」の形で) 役に立たなくなったもの。壊れたもの。

語源[編集]

  1. 溶接で火力が強すぎうまくいかなかず、「火が強かった」を江戸弁で「しがつよかった」→「四月八日(しがつようか)」としゃれ、花まつり連想から(楳垣実)
  2. 地蔵を鋳造しなければならないところ、誤って釈迦仏を鋳造したことから(暉峻康隆)