隘路

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

(あいろ)

  1. 狭い道。
    が、光秀が山崎の隘路を扼して秀吉の大軍を阻まんとしたのは戦略上、当然の処置であり、秀吉の方も亦山崎に於ての遭遇戦を予期していたのであろう。(菊池寛 『山崎合戦』)
  2. 支障となるもの。
    今日の資源の貧困は産業に多くの隘路を提供しているが(仁科芳雄 『株式會社科學研究所の使命』)

翻訳[編集]

語義2

関連語[編集]