Freyja

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

古ノルド語[編集]

固有名詞[編集]

女性名詞

  1. フレイヤ
    • 北欧神話(Edda)の、美と豊穣の女神。
    • 父親のニョルズ、兄のフレイと共に、エーシル神族(æsir)へやってきた、ヴァニル神族(vanir)出身の美しい女神。
    • ブリージンガ・メンという美しい首飾りをしている。
    • この美しい首飾りを手に入れる為に、性的にルーズであったため、夫のオード(オーズル)(Óðr)は、家を出て行ったきり帰ってこなかった。
    • 夫のオードを探す旅に出たフレイヤは、2匹の猫の引く戦車(古代の戦車は、古代ギリシアなどの、動物に引かせる車の事。)に乗って夫を探して世界中を旅したが結局見つからなかった。
    • 夫のオードは、オーディン(オーズィン)の別名であるとの説もある。