Wiktionary:ビューロクラット

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

jawp jawt jawb jawq jawn jaws

Green check.png このページはウィクショナリー日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、ノートページで提案してください。 ショートカット:
WT:BUR

ビューロクラット (Bureaucrat) はウィクショナリー利用者の区分のひとつで、他の利用者を管理者にする機能、他の利用者をビューロクラットにする機能を使うことができます。この区分は2004年2月に新設されました。

ビューロクラットにできること[編集]

他の利用者を管理者にする[編集]

ビューロクラットは利用者を管理者にすることができます。利用者の登録は誰でもできますが、管理者になるにはビューロクラットが作業をしなくてはいけません。日本語版のビューロクラットは日本語版の管理者だけを登録することができます。

ビューロクラットは、他の利用者を管理者にすることはできますが、管理者を普通の利用者に戻すことはできません。スチュワードなら、この作業を行うことができます。

管理者をビューロクラットにする[編集]

ビューロクラットは、利用者をビューロクラットにすることもできます。管理者にするのと同様、ビューロクラットを管理者や一般の利用者に戻すことはできません。これができるのもスチュワードです。

botステータスの与奪[編集]

ビューロクラットは他の利用者にbotフラグを設定したり、設定済みのbotフラグを解除したりすることができます。botフラグが設定されている利用者の投稿は通常最近更新したページウォッチリストには表示されません。

管理者権限の行使[編集]

以上の他、記事の削除や保護など管理者としての権限もあります。詳しくはWiktionary:管理者を参照してください。

ビューロクラットになるには[編集]

ビューロクラットに就任するためには、二つの条件が必要です。

  • その言語の管理者であること。
  • 管理者任免の基本方針を守ること。基本方針とは、
    1. コミュニティの合意に従い、他者を管理者にする
    2. コミュニティの合意に従い、他者をビューロクラットにする
    3. これらはWiktionary:管理者への立候補での指針に従うものとし、必要なときに立候補/推薦の後の作業、報告を行う。

この条件を満たした希望者がビューロクラットへの立候補での立候補を行い、コミュニティ内で上記内容について信任される必要があります。

ビューロクラットの活動記録[編集]

活動中のビューロクラット[編集]

過去のビューロクラット[編集]

呼称について[編集]

まだビューロクラットの日本語での呼称は定まっていません。 この呼称問題は、「管理者」の呼称の再考とあわせて考える必要があるかも知れません。 意見をお持ちの方は、この文書のノートにてお願いします。

他言語版での状況[編集]

他言語における管理状況はm:Administrators of Wikimedia projects にまとめられています。