marry

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

英語[編集]

語源 1[編集]

中英語 marienアングロ・ノルマン語 marierラテン語 marītāre (結婚する)marītus ()印欧祖語 *meryo cf.サンスクリットमर्य (marya, 若者)

同系語[編集]

  • ウェールズ語:morwyn (少女), merch ()
  • クリミヤゴート語:marzus (婚礼)
  • 古典ギリシア語: μεῖραξ (meirax, 少年少女)
  • リトアニア語:martì (bride)
  • アヴェスタ語: (mairya, 自由民)[1])

発音[編集]

動詞[編集]

marry (三単現: marries, 現在分詞: marrying, 過去形: married, 過去分詞: married )

  1. 自動詞 結婚する、夫または妻を得る。
    • Neither of her daughters showed any desire to marry.
      彼女の娘のどちらも結婚願望を示さなかった。
  2. 他動詞 一般には、受動態で 結婚させる、娶せる
    • One is that in the 1st century AD it is said that Valentine, who was a priest, defied the order of the emperor Claudius and secretly married couples so that the husbands wouldn't have to go to war. (英語版ウィキペディア"Saint Valentine"の記事10:17, 19 February 2014‎の版)
      ひとつは、紀元1世紀に、司祭であったヴァレンタインは、クラウディウス帝の命令を無視し、夫が戦争に行かないように、秘密裏に二人を結婚させたというものである。
    • She was not happily married.
      彼女は幸福な結婚ができなかった。
    • His daughter was married some five years ago to a tailor's apprentice.
      彼の娘は5年ほど前仕立て屋の徒弟と結婚した。
  3. 他動詞 結婚生活で主導権を握る。
  4. 他動詞 配偶者とする。
    • In some cultures, it is acceptable for an uncle to marry his niece.
      ある文化圏では、おじが、姪を配偶者とすることが認められている。
  5. 他動詞 結合させる。
    • The attempt to marry medieval plainsong with speed metal produced interesting results.
      スピードメタルに中世の旋律を結合させる試みは、興味深い結果をもたらした。
  6. 他動詞 結婚を有効にする、公に結婚を認める。
    • A justice of the peace will marry Jones and Smith.
      治安判事は、ジョーンズとスミスの結婚を認める。
  7. 海事 2本のロープをつなぐ。
派生語[編集]
類義語[編集]
対義語[編集]
成句[編集]

語源 2[編集]

中英語 Marie,[2] 聖母マリア(Mary, the Virgin Mary)にちなむ。[3] 14世紀中葉。

間投詞[編集]

marry!

  1. 廃語 そのとおり、然り。
    • I have chequed him for it, and the young lion repents; marry, not in ashes and sackcloth, but in new silk and old sack.(William Shakespeare, King Henry IV, Part ii, Act 1, Scene 2,)

脚注[編集]

  1. J.P. Mallory and D.Q. Adams, Encyclopedia of Indo-European Culture, s.v. "woman" (London: Dearborn Fitzroy, 1997), 656.
  2. marry” メリアム=ウェブスターオンライン版
  3. marry” ダグラス・ハーパー(Douglas Harper)『オンライン語源辞典(Online Etymology Dictionary )』 (2001)