prząść

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポーランド語[編集]

語源[編集]

Derksen (2008) の再構によれば スラヴ祖語 *pręsti < バルト・スラヴ祖語 *(s)prenʔd- < 印欧祖語 *(s)prend- となる。同じスラヴ語派の同系語にはロシア語 прясть (prjast')〈紡ぐ〉などがあり、また Derksen (2008) のほか Brückner (1927) もバルト語派であるリトアニア語 sprę́sti〈引っ張る、解く、判断する、親指から中指までの長さ(ポーランド語: piędź)で測る〉と関連付けている。

発音[編集]

  • IPA: [pʃɔ̃w̃ɕt͡ɕ]

動詞[編集]

prząść (不完了体)(完了体: uprząść

  1. (他動詞) 紡ぐ紡績する

活用[編集]

注.: 受動形容分詞は przędzony という形でも可である[1]

類義語[編集]

関連語[編集]

名詞:

成句[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Elżbieta Sobol (red.), Mały słownik języka polskiego, wyd. XI, Wydawnictwo Naukowe PWN, Warszawa 1994. ISBN 83-01-11052-X

参考文献[編集]