うえ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

発音[編集]

うえ(ue)
/ue/

名詞・上[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア上下 の記事があります。

うえ

  1. 相対的な位置関係のひとつ。観測点よりも高い位置。重力の作用する場において重力の方向と逆の方向。あるものの位置が、観測点から重力方向に仮定した直線に対して、垂直に投影した場合、観測点よりも高い位置にあれば、「うえにある」と表現される。
  2. 年長であること。としうえ
  3. 文章等で順序が前であること。(例)「うえに記載したとおり。」 
  4. 社会的関係において、指揮権、命令権などがあること。
    「きみでは話にならない。うえの人を出しなさい。」
  5. (天皇・将軍など)最上位に立つ者、或はその人間のいる場所。かみとも。
  6. (品質・技能等が)より良いこと。
  7. (書物、絵画などにおいて)垂直に置いたときに上になる方。水平に置いたときに読み手から見て遠い方。
    「普通、地図ではうえが北に当たる。」
  8. (形式名詞)ある観点、条件を示す。
    「理論のうえでは問題ない」
  9. (形式名詞)ある動作・状態に先立つ動作・状態を示す。
    「内容を確認のうえ、ご署名ください」、「彼女は美人なうえに性格も良い。」
  10. (数学)集合論では、集合A上の演算はAのあるゲンaの写像がAに属することを示す。圏論でも似たようなものを指す。

関連語[編集]

翻訳[編集]


名詞・飢[編集]

うええ、え】

  1. うえること。食物が欠乏すること及びその気持ち。飢餓飢餓感
  2. 何かが欠乏し、強く求めること。渇望

語源[編集]

  • える」の連用形。

翻訳[編集]