すぎ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアすぎ の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

すぎ/

  1. ヒノキ科(スギ科)の針葉樹。普通は日本固有種の Cryptomeria japonica を指す。まっすぐに成長する高木で、加工しやすく、用材として有用であるため、山地に植林される。(花は春の季語、実は夏の季語、落葉は秋の季語)

翻訳[編集]

参照[編集]

接尾辞[編集]

すぎぎ//(インターネットスラングでは)】

  1. 時刻や時期を表す語について、それを少し経過した時刻や時期を表す。
    9時半すぎに戻ってきた。
    彼岸過迄
    連休すぎから仕事が忙しくなった。
  2. 年齢を表す語について、それを少し上回る年齢を表す。
    その人は50すぎぐらいに見えた。
  3. 動詞の連用形について、限度を越えているさまを表す。
    それは言いすぎだ。
    飲みすぎ、食べすぎに注意しましょう。
  4. 形容詞・形容動詞の語幹について、限度を越えているさまを表す。
    人が多すぎだ。
    ちょっと早すぎだったかな。
    (俗語)ここは静かすぎで怖いくらいだ。