出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「复(フク)」。「复」は、「」+音符「」の形声文字で、来たものを元の方向へ戻すこと。「彳」を付し、同じ道を行き戻りする意。

意義[編集]

  1. かえるもどる
    対義字:
  2. むくいる仕返しをする。
  3. 報告する。
  4. くりかえす再びする。
    習、反
  5. ふむ実行する。
  6. 六十四卦の一つ。卦の形はIching-hexagram-24.svgであり、震下坤上(しんかこんしょう)で構成される。
    w:周易上経三十卦の一覧#復も参照。

日本語[編集]

発音[編集]

副詞[編集]

  1. (また) 同じ事柄再び起きたり、繰り返されたりするさまを表す
  2. (また) もう一度再び重ねて
  3. (また) 今度も。同様に。やはり
  4. (また) 比べて事態状態同じであるさまを表すやはり同様に。
  5. (また) もう一つ要素加わるさまを表すその上に
  6. (また) 驚きいぶかしむ気持ち表すそれにつけても。

接続詞[編集]

  1. (また) その上に。かつ
  2. (また) あるいはまたは
  3. (また) 話題変えるとき用いるそれからところで
  4. (また) しかし

接頭辞[編集]

  1. (また) 名詞付いて間接である意味表す

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]