出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。勿は「特定できない」→「『もの』の集合」の意(藤堂)。で耕す様(白川)。古い字体がなく由来が確定的ではない。

意義[編集]

  1. もの

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. もの。人の認識対象となる存在又はそれに順ずる概念cf.こと
  2. (法律)ものブツ(「」と読み分ける場合)。権利等の主体であるに対立する概念で、権利等の客体をいう。

熟語[編集]

物質, 物品, 物体, 生物, 品物, 物色,化合物



中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

コード等[編集]