出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」(立ち止まりつつ進む動作)+音符「」。「禺」は、頭の大きな猿(説文解字他)で、似ているもの、対のもの(偶数:対の数、寓居:仮の家)の意がある。たまたま出会った二人が一緒になって歩くこと。

意義[編集]

  1. 偶然たまたま)。
  2. あうであう奇遇

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]