らしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

助動詞[編集]

らしい

  1. (推定)事実手がかり推し量っ判断を表す。ようだ。
    • どうやらあそこが会場らしい
  2. 伝聞を表す。そうだ。という。
    • 彼は去年結婚したらしい
  3. 行為や態度などがそのものの特徴や性質をよく示していることを表す。いかにも〜のようだ。まさに〜そのものだ。
    • なるほど無鉄砲なあいつがやりそうなことらしい
  4. (口語, 文頭) そうらしい。推定、伝聞を表す。
    • 「あれ、お母さん出かけたの?」「らしい。朝からいない。電話もメールもない」
    • 「あの二人、つきあってんの?」「らしいね、女子の話によると」

活用[編集]

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
らしかっ
らしく
らしい らしい (らしけれ) 形容詞型

語義1., 2.では連体形に古形の「らしき」が用いられる傾向がある。語義3.や接尾辞との混同を避ける意図が働くものとみられる。

  • 会場らしき建物を見つけた。
  • 結婚したらしき話を聞いた。

形容詞[編集]

らしい

  1. (口語)行為や態度などが話題となっているものの特徴や性質をよく示している。
    • 完封してあとは、と金だけで間に合わせてしまう。いかにもらしい将棋です。(『将棋世界Special Vol.3「森内俊之」~宿敵・羽生との闘いの軌跡~』2013年)
    • どうした。いつもと違ってらしくないぞ。

接尾辞[編集]

らしい

  1. (形容詞を作る)そう呼ぶにふさわしい。
    • 秋らしい装い。
    • 人間らしく生きたい。
  2. (形容詞を作る)そのような感じである。