そう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

同音の漢字(音読み)はWiktionary:漢字索引 音訓 ‎そ#ソウ参照

日本語[編集]

動詞[編集]

そう沿う, う, う】

  1. 基準となるものに従う離れないようにする。

活用[編集]

そ-う 動詞活用表日本語の活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 そわない 未然形 + ない
意志・勧誘 そおう 未然形音便 +
丁寧 そいます 連用形 + ます
過去・完了・状態 そった 連用形音便 +
言い切り そう 終止形のみ
名詞化 そうこと 連体形 + こと
仮定条件 そえば 仮定形 +
命令 そえ 命令形のみ

関連語[編集]

翻訳[編集]

副詞[編集]

そう

  1. そのに。
    • そうやればうまくいく。そう思った。
    • そう厳しく叱ると相手が萎縮する。
  2. (否定文中で)それほどさほど
    • そう大したものでもない。
  3. 話題に挙げられている事物それ
    • 「東京タワーはどれですか」「あちらに見えるあれがそうです」
  4. 言及されたり指示されたりした内容とおりであること。それで合っていること。
    • 「東京タワーはあれですか」「そうです」「そうでしたか。そうだろうと思いました。そうに決まってますよね」
    • 「ここで右折ですか」「そうじゃないです。ここはまっすぐ行って下さい」
  5. (「そうだ」「そうだった」の形で感動詞的に)何かを思い出したときの発話。
    • そうだ忘れてた。
  6. (「そうだ」「そうか」などの形で感動詞的に)何かを発見したり何かに気づいたり理解できたりしたときの発話。
    • そうだ。こういう方法もあった。
  7. (「そうだな」などの形で感動詞的に)何かを考えたり判断に迷ったりしているときの発話。
    • うーんそうだな。どうすればいいかな。

語源[編集]

う の変化

派生語[編集]

関連語[編集]

日本語の指示詞
  近称-) 中称-) 遠称- 不定称-)
指示代名詞 これ [複数: これら] それ [複数: それら] あれ [複数: あれら] どれ
指示代名詞 こいつ
こちらさま
そいつ
そちらさま
あいつ
あちらさま
どいつ
どちらさま
連体詞 この その あの どの
場所 ここ
こっから
そこ
そっから
あそこ
 
どこ
どっから
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
こんくらい
こんだけ
そう
そんな
そんくらい
そんだけ
ああ
あんな
あんくらい
あんだけ
どう
どんな
どんくらい
どんだけ

翻訳[編集]

感動詞[編集]

そう

  1. 肯定を表す。
    • そう、確かにね。
  2. 驚き疑念をあらわす。
    • ここが入り口だと思うんだけど。そう
  3. 単なる間の手として使う。
    • ふーん、そう
  4. 文章などで、過去の出来事を話題に出すときに使う。
    • そう、あれは終戦の年の八月のことだった。
  5. 何かを思い出したりしたときに使う。
    • そうそう、買い物に行かないといけなかった。

類義語[編集]

名詞[編集]

そう左右

  1. 左右を参照。

助動詞[編集]

そう

(助動詞「そうだ」の語幹)動詞連用形、形容詞語幹、形容動詞語幹に接続し以下の意を有する語(形容動詞活用)を形成する。
  1. (動詞連用形接続)今にも~する様子である。
  2. (「いる」「ある」などの存在を示す動詞の連用形、形容詞語幹、形容動詞語幹接続)外からは~に見える。
  3. (用言終止形接続)そのように言われている、伝え聞いている。

接尾辞[編集]

そう:当て字】

  1. 本当はそうかわからないが、そのように見える。