冷帯湿潤気候

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

湿冷帯湿潤気候 れいたいしつじゅんきこう)

  1. (地理用語)ケッペンの気候区分のひとつ。冷帯に属するが、年間に乾期が存在しない。いわゆる大陸性気候であり、冬季、寒気がきびしい一方、夏期は比較的高温となる。北部はタイガと呼ばれる針葉樹林が広がり、南部は針葉樹と広葉樹の混合林となり、農耕地としても利用されている。地域的には、東欧からシベリア中部までと、アラスカからカナダを経由し五大湖近辺までが大きな広がりである。なお、北海道もこれに属する。略号Df