汗衫

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(かんさん かざみ

  1. 汗取りの下着。主に製で、奈良時代ごろ、男女が共に用いた。
  2. 平安時代中期以降において、童女正装。両脇が空き、が長い。

語源[編集]

「かざみ」は「汗衫」の字音「かんさむ」の転じたもの。

関連語[編集]