Wiktionary:秘匿

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Information icon.svg このページは秘匿機能に関する説明を行っているページです。方針やガイドラインではありません。

秘匿機能とは、ある特定の版やログの内容を一般ユーザーが閲覧不可能にするものです。2010年5月18日にウィキメディアWikiの管理者に導入されました。

秘匿機能の概要[編集]

あるページの特定の版に対し、以下のいずれか、或いは全てを秘匿・秘匿解除することが出来ます。複数の版に対してまとめて操作を行うことが可能です。

  • その版の本文
  • 編集の要約
  • 編集を行った利用者やIPアドレス

また、特別:ログに記載された任意の操作記録に対して以下のものを秘匿することが出来ます。

  • 操作を行った利用者名(移動を行った人、削除した人、ブロックを行った人など)
  • 操作の内容と対象(移動元と移動先のページ名、削除したページ名、ブロックされた利用者名など)
  • 操作を行ったときの要約

秘匿操作を行った場合、削除記録に秘匿操作の実施が記録されます。操作の記録は全ての利用者が閲覧可能です。

秘匿のメリット[編集]

指定した版の秘匿[編集]

過去版に問題のある投稿が見つかった場合、従来は一旦全削除を行って特定版を復帰する方法を取っていました。この方法を用いた場合、履歴から特定の投稿が丸ごと取り除かれます。しかし、取り除かれた内容を以降の版が引き継いでいた場合、投稿者名が履歴から消えて投稿内容のみが残ることになってしまいます。これを防ぐため、削除対象となる版で追加された内容を後の版が引き継いだ場合、内容の良し悪しに関わらず引き継いだ版全てを巻き添えで削除する必要がありました。

ウィクショナリー日本語版ではライセンス(CC-BY-SA 3.0およびGFDL)の条件を満たすために改変履歴保存を求めており、投稿時刻や投稿者名の記録を必要としているためです。

秘匿操作を行った場合、履歴の投稿者や投稿時刻などを残したまま投稿内容のみを削除(不可視化)することができるため、問題がある投稿の本文内容のみを取り除いて巻き添え削除を防ぐことが可能です。

そのページでどの過去版が過去に削除(不可視化)されたかを調べる場合、「削除済みのみ」というチェックボックスにチェックを入れることで要約や投稿者名の削除された版を調べることが出来ます。実際にどういった状態になるのかはテストケースを参照してください。

ログの秘匿[編集]

版の秘匿と同じように、ログに対しても要約や利用者名を隠すことが出来ます。「操作の内容と対象」を秘匿した場合、権限のない一般の利用者からはそのページに対する操作が行われなかったかのように見えます。いつ行われたどの操作が秘匿されたのかは、権限がないと分かりません。

これにより、従来は対応できなかった以下のような問題を処理することが可能です。

  • 悪質な移動荒らしの記録を隠すことが出来る(例:「○○」を「○○の住所は××市△△町」へ移動)
  • 不適切な名前のアカウントの存在をログから隠すことが出来る(例:「利用者:○○を殺す」)
    • ブロックされた利用者名を秘匿しても、ブロックされた利用者本人には通常と同じようにブロックされたことが分かります。
    • 秘匿が行われても投稿ブロックの一覧からは通常通り利用者名が取得できます。
  • 削除の痕跡を残したくない場合(そのページが作成されたことを隠したい場合)。

オーバーサイトによる秘匿[編集]

オーバーサイト権限を持つ利用者は管理者よりも強力な秘匿操作を行うことが出来ます。秘匿できる対象や機能は管理者によるものとほぼ同じで、秘匿されたログや編集履歴は管理者による秘匿と同じように表示されます。しかし、秘匿された内容は管理者からも秘匿され、オーバーサイト権限がないと閲覧・復帰ができません。また、秘匿操作を行った記録の閲覧もオーバーサイト権限を持つ利用者に限定されます。

現在、Wikipedia日本語版にオーバーサイト権限を持つ利用者はいませんが、プロジェクトをまたがった荒らし対処などの際にスチュワードがオーバーサイト権限による秘匿操作を行う場合があります。

関連ページ[編集]