admonere

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラテン語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

ad + monēre

動詞[編集]

現在 admoneō, 不定形 admonēre, 完了 admonuī, スピーヌム admonitum.

  1. 注意する。警告する。
  2. 忠告する。
  3. 勧告する。
直説法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 admoneō admonēs admonet admonēmus admonētis admonent
未来 admonēbō admonēbis admonēbit admonēbimus admonēbitis admonēbunt
未完了 admonēbam admonēbās admonēbat admonēbāmus admonēbātis admonēbant
完了 admonuī admonuistī admonuit admonuimus admonuistis admonuērunt
完了過去 admonueram admonuerās admonuerat admonuerāmus admonuerātis admonuerant
未来完了 admonuerō admonueris admonuerit admonuerimus admonueritis admonuerint
所相 現在 admoneor admonēris admonētur admonēmur admonēminī admonentur
未来 admonēbor admonēberis admonēbitur admonēbimur admonēbiminī admonēbuntur
未完了 admonēbar admonēbāris admonēbātur admonēbāmur admonēbāminī admonēbantur
完了 sumの直説法現在形に続き admonitus 男性, admonita 女性, admonitum 中性 の形で用いられる。
完了過去 sumの直説法未完了形に続き admonitus 男性, admonita 女性, admonitum 中性の形で用いられる。
未来完了 sumの直説法未来形に続き admonitus 男性, admonita 女性, admonitum 中性 の形で用いられる。
接続法 単数 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
能相 現在 admoneam admoneās admoneat admoneāmus admoneātis admoneant
未完了 admonērem admonērēs admonēret admonērēmus admonērētis admonērent
完了 admonuerim admonuerīs admonuerit admonuerīmus admonuerītis admonuerint
完了過去 admonuissem admonuissēs admonuisset admonuissēmus admonuissētis admonuissent
所相 現在 admonear admoneāris admoneātur admoneāmur admoneāminī admoneantur
未完了 admonērer admonērēris admonērētur admonērēmur admonērēminī admonērentur
完了 sumの接続法現在形に続き admonitus 男性, admonita 女性, admonitum 中性 の形で用いられる。
完了過去 sumの接続法未完了形に続き admonitus 男性, admonita 女性, admonitum 中性の形で用いられる。
命令 能相 所相
現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称) 現在 (二人称) 未来 (二人称) 未来 (三人称)
単数 admonē admonētō admonētō admonēre admonētor admonētor
複数 admonēte admonētōte admonēntō admonēminī admonentor
現在 完了 未来 現在 完了 未来
不定法 admonēre admonuisse admonitūrus esse admonērī admonitus esse admonitum īrī
分詞 admonēns admonitūrus -ra, -rum admonitus -a, -um admonendus -nda, -ndum

派生語[編集]

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]