karani

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

語源[編集]

スワヒリ語 karani の借用[1]

発音[編集]

  • IPA: /kàɾáníꜜ/
Clements (1984:284) によると孤立形あるいは前に ndinoona〈私は(少し前には)見なかった〉がある場合は [(ndìnɔ̀ɔ́nà) kàɾání] で、前に nyonire〈(今日)私は見た〉がある場合も [ɲɔ̀nírɛ́ kàɾání] となる[2]。Armstrong (1940) では njata を始めとした gĩtarathĩrĩga などと同じ「njataクラス」という声調クラスに分類されている[3]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス7」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩmitũnjata などがある。Clements (1984) は matũũra と同じく Armstrong の「njataクラス」および「ðiimboクラス」、Benson の「クラス7」および「クラス8」(語例: matũũrathani)の2音節語幹語に対応する「HLHLクラス」に属するとしている。

名詞[編集]

karani クラス12(複数: tũrani

  1. 書記

脚注[編集]

  1. "karani" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 369. Oxford: Clarendon Press.
  2. Clements, George N. (1984). "Principles of tone assignment in Kikuyu." In Clements, G.N. and J.A. Goldsmith (eds.) Autosegmental studies in Bantu tone, pp. 281–339. Dordrecht: Mouton de Gruyter; Foris Publications. ISBN 90 70176 97 1 NCID: BA00490049
  3. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).

スワヒリ語[編集]

名詞[編集]

karani (クラス未入力)

  1. 書記

諸言語への影響[編集]