くだらない

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

形容詞[編集]

くだらない【らない】

  1. 問題にならない。価値のない。ばかげた。とるにたらないつまらない
    くだらない話で笑いあうことがそんなにくだらないとは思わない。

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
くだらな かろ かっ
けれ 口語活用

語源[編集]

  • 動詞である「下る」に、打ち消しの助動詞の「ない」を付けたものとする説。「下る」には、もともと「筋が通る」というような意味があるとされる。
  • 江戸時代、など上方かみがた醸造された酒のうち、良いものは、大消費地であった江戸くだが、そうでないものは、主に当地で消費され「下らない」ことから、つまらない、できの悪いものを指し「くだらない」といった。cf.くだりもの

関連語[編集]

是非に及ばず

対義語[編集]

訳語[編集]