つまらない

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

形容詞[編集]

つまらないまらない】

  1. 心に感動をもたらさない。面白みにかける。退屈である。
    例えば、組合活動をした人は過去運動に於ける文化問題理解不足ということもあるが、よくプロレタリヤ作家の小説真面目ではあるけれどつまらない、私達の生活の方がもっと面白い、私達はもっと面白いことを知ってもいる、というようなことがある。(宮本百合子 『問に答えて』)
  2. くだらないしょうもない。大したことのない。取るに足らない
    「これはつまらないものですが・・・」
    恐ろしくつまらないと思われる事柄の中から、非常に重大なものの出現する例は基礎科学の世界にはいくらでもある。(寺田寅彦 『鑢屑』)

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
つまらな かろ かっ
けれ 口語活用

翻訳[編集]