なのり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア名乗り の記事があります。

なのり(り)、(り)】

  1. 自分身分相手告げること。名乗ること。
    お互名前も知らないでは変ですから、一つ名乗りをしようじゃありませんか。」そう私はいった。 (豊島与志雄『微笑』)〔1919年〕
    「あなたも堅っ苦しいひとだね。いちいち礼をいうことはない……まあ、その椅子に掛けなさい。名乗りをしなかったが、私は大池忠平……」 (久生十蘭『肌色の月』)〔1957年〕
  2. 名前に使われた漢字の特殊な読み人名訓
  3. 武家などが幼名にかえて使いはじめる名。実名
    秀頼御子國松名乗は秀勝と申候(参謀本部『日本戦史 大阪役補伝』329ページ) 〔1911年〕
  4. 職業上など特別な用途のためにつけた、本名以外の
    伝蔵は角力が上手で二見潟と云う名乗を持っていたが、体に似合わないおとなしい壮佼わかいしゅであった。(田中貢太郎『蟹の怪』)〔??年〕
    上野の輪王寺宮に仕へてゐる儒者に、鈴木一郎といふ人があつた。名乗りは秀実、雅号は有年といつて、文学素養ふかく馬琴とも親しく交際してゐた。 (岡本綺堂『魚妖』)〔1956年〕

発音[編集]

東京アクセント
なのり=

翻訳[編集]

関連語[編集]

動詞[編集]

なのり

  1. なのる」の連用形