出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」。人が小さい穴から覗くこと。人々をとりまとめるのに神意を伺い覗くの意。関連語に「」「」「」がある。

意義[編集]

  1. つかさ。ある集団をとりまとめる者。
  2. 職業としての名前。保護司児童福祉司
  3. つかさどる


日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. つかさ)日本古代の律令制において、と並び主にや衛門府・京職のもとに置かれた官司の等級の一つ。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]