出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

广の詳細な筆順は各該当ページを参照されたし。坐の筆順は複数ある。

字源[編集]

意義[編集]

  1. すわる
  2. すわる場所

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. すわる場所、定位置
  2. すわること(元はこの意味を表わす文字は。常用外となったことから代用に用いる。ただし、戦前から混同あり)
  3. (日本史)平安時代から戦国時代まで存在した同業者組合
    楽市楽座

接尾辞[編集]

  1. :日本史)同業者の組合。
    油座、材木座、金座銀座
  2. 劇団芸能のグループ。一座
  3. 星座
    • おとめ
  4. :助数詞)祭神仏像を数える。
  5. :助数詞)を数える。

翻訳[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

zuò

  1. 座席
  2. ざら

量詞[編集]

zuò

  1. 大型うごかないものの数

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

  • tòa, toà, tọa

コード等[編集]

点字[編集]