出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」、「艮」は「」(小刀)で目の周りに入墨をする様で、そのように入墨を入れた目、または、小刀でくりぬいた眼窩

意義[編集]

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (ガン)
  2. (ガン) 見抜く
  3. (ガン) 端渓などので、見える
  4. (ガン)
  5. () まぶたまなじりまつ毛など複合して用いる
  6. (まなこ) 目玉
  7. (まなこ) 黒目ひとみ
  8. (まなこ) 見通す眼力
  9. (まなこ) 視線視野
  10. (まなこ) 眼目中心
  11. () 刺激受けとる感覚器官
  12. () 似たものたとえられるもの眼球をしたもの
  13. () 点状もの
  14. () 交わったによって囲まれた部分
  15. () 線状もの交わった箇所
  16. () 囲碁で、囲んで自分領分とした箇所
  17. () 中心あいた穴状箇所
  18. () 細かく一列に並んだものすきま
  19. () ノコギリや、やすりすり鉢などの表面付けた
  20. () 物差しなどに付けた数量読むためのしるし。目盛り
  21. () 機械のはたらきをするもの比喩的にいう。
  22. () さいころ付けられたからまでの。また、振るなどして表れたその
  23. () 見ること。
  24. () 目つきまなざし
  25. () 見る視力
  26. () 見ること。視線
  27. () 物事見る態度見方
  28. () 注意して見ること。注目
  29. () 物事見分ける眼力洞察力
  30. () 見たときの様子外観
  31. () ある事態出合うこと。体験
  32. () 木材切り口現れる年輪木目
  33. () 文様または紋所方形またはひし形中心一つ打ったもの
  34. () 計った重さ単位
  35. () 会うこと。
  36. () 姿

接尾辞[編集]

  1. () 表す語に付いて順序表す
  2. () 形容詞語幹付いて多少その性質傾向をもつことを表す
  3. () 動詞連用形付いて状態にあることや、箇所であることを表す

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. (碁盤の)目
  2. あな

量詞[編集]

  1. 井戸洞窟など、穴に用いる量詞

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]