出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。「里」は田畑を農具を使って筋目立てるの意であり、「」はもともと、筋目のついた布であり、衣服の裏地に使用したもの(藤堂)。

意義[編集]

  1. うら。着物などで人の目につかない部分に使われる布地。
  2. うら。外部からはわからない部分。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (うら) 表面反対またはになって見えない部分
    対義語: 表
  2. (うら) 前面正面反対うしろ
    対義語: 表
  3. (うら) 衣服袋物などの内側付ける
    対義語: 表
  4. (うら) 相手予想世間常識反対
  5. (うら) 表面には現れない隠された内部事情内情
    対義語: 表
  6. (うら) 公正やり方ではないこと。
  7. (うら) 正式ではないこと。
    対義語: 表
  8. (うら) 野球で、後攻チーム攻撃するイニング
    対義語: 表
  9. (うら) 裏付け証拠
  10. (うら) 命題「 p ならば q である」に対して、その前件後件両方否定した命題「 p でなければ q でない」をいう。ある命題であっても、その必ずしもではない。
  11. (うら) 遊女揚げるとき初会、すなわち2
  12. (うら) 連歌俳諧で、懐紙裏側のこと。
    対義語: 表
  13. (うら) 裏千家略称

接尾辞[編集]

  1. () 状態表す漢語付いて、「そのような状態のうちに」の意味表す
    秘密裏に

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

コード等[編集]