हंस

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンスクリット[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

印欧祖語 *ǵʰh₂ens- より[1]古典ギリシア語 χήν 男性, 女性 (khḗn)[1]スラヴ祖語 *gǫ̑sь 女性[1] (> ロシア語 гусь (gusʹ))、リトアニア語 žąsìs[1]古高ドイツ語 gans 女性[1] (> ドイツ語 Gans)、ラテン語 ānser 男性 と同源[1]

名詞[編集]

हंस (haṃsa-男性女性: हंसी (haṃsī-)

  1. 鵞鳥あるいは[2]
  2. 1.の[2]
  3. 白鳥ハクチョウ[2]
  4. カモアヒルの雄[2]

格変化[編集]

派生語[編集]

名詞:

形容詞:

諸言語への影響[編集]

  • テルグ語: హంసము (haṃsamu)
  • パーリ語: haṁsa
  • ベンガル語: হাঁস (hāṃsa)
  • マラーティー語: हंस (haṃsa)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 184. ISBN 978 90 04 15504 6
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Haughton, Graves C. (1833). “হংস”. A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. p. 2719. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/page/n1401/mode/2up. 

ヒンディー語[編集]

名詞[編集]

हंस (haṃsa) 男性

  1. 鵞鳥あるいは[1]
  2. 1.の[1]
  3. 白鳥ハクチョウ[1]
  4. あひる[1]

脚注[編集]


マラーティー語[編集]

語源[編集]

サンスクリット हंस (haṃsa-) の借用[1]

名詞[編集]

हंस (haṃsa男性

  1. 鵞鳥あるいは白鳥ハクチョウ[1]
  2. あひる[1]
  3. 1.や2.の[1]

脚注[編集]