あっというま

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

成句

[編集]

あっというまあっという間

  1. 非常短い時間たとえ
    • その途端でございます。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急に犍陀多のぶら下っている所から、ぷつりと音を立ててれました。ですから犍陀多もたまりません。あっと云うもなく風を切って、独楽こまのようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに落ちてしまいました。――芥川龍之介 (1918年). “図書カード:蜘蛛の糸”. 青空文庫. 2023年6月4日閲覧。
    • その四年目思いもかけず、奈良の都に宮遷しがあった。ところがまるで、追っかけるように、藤原の宮はもとより、目ぬきの家並みが、不意の出火で、其こそ、あっと言う間に、痕形あとかたもなく、そらものとなってしまった。――折口信夫 (1939年). “図書カード:死者の書”. 青空文庫. 2023年6月4日閲覧。
    • もっとも考えてみれば、これは自分が迂闊だったので、この数年来の札幌の建設ブームは、全国第一だったそうである。日本の国が、建国以来の好景気という中で、そのまた第一位とすれば、あっという間に、これくらいの街ができても、そう不思議ではない。――中谷宇吉郎 (1957年). “図書カード:北海道開発に消えた八百億円”. 青空文庫. 2023年6月4日閲覧。