出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぢ 教科書体

日本語[編集]

発音[編集]

」と同音(中世末期までは別音であったが、江戸期に区別がなくなる。四つ仮名

  • IPA: /ʒi/、/ʤi/、/ʑi/又は/ʥi/

用法[編集]

以下の場合に「ぢ」を用いる。

  • はなぢ(鼻血)」「みぢか(身近)」「まぢか(間近)」など連濁の場合
    • 「地」には、「ち」の他、「ji」とも読むが、普通「ぢ」ではなく「じ」を用いる。これは、「じ」音は呉音の用法として用いられていて、連濁ではないため。
  • ちぢむ(縮む)」など同音連呼の場合

文字コード[編集]