トーク:貴賤

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

項目名等について[編集]

「賎」は「賤」の略体ですので、項目名「貴賎」は「貴賤」に移すのが適切と考えます。それから、語義2に列挙された内容は本当に正しいのでしょうか(特に、「貴ぶことと賎しめること」というくだり)。--Lombroso (トーク) 2015年5月4日 (月) 20:16 (UTC)

ShikiHでございます。私はあんまり字体にこだわりがありませんが、その字は、略体かどうかは別として、賤と書くのが普通だろうと思います。「貴ぶことと賎しめること」が <貴ぶ行為および賤しめる行為> という意味ならば、そのようには使わないでしょう。もしそういう意味があるとすれば<*他人の弁当の中身を貴賤してはならない。><*新聞の役割の一つは政権への貴賤である。>などと言いそうなものですが、そのようなことは言いませんから。--ShikiH (トーク) 2015年5月5日 (火) 05:56 (UTC)
ShikiHでございます。さらに述べます。「浅・淺」では「浅」の方をよく見かけます。「賎・賤」では「賤」の方をよく見かけます。不思議です。こうなった原因は戦後すぐ決められた当用漢字表ににあるようです。当用漢字表には「浅」の字があるが、「賎」の字はない。ここにない物は旧字体で書くので、印刷物では「浅」「賤」と書くのが正式になりました。いささか不合理ですが、しかたがない。ウィクショナリでは普通な方、数が多い方に従うのがよいので、「貴賤」はこのようにするのがよかろうと思います。この語を調べにウィクショナリにやってくるとき、コピペすることも多かろうと考えますが、コピー元はおおかたは「貴賤」なので、それに合わせておくのが読者に親切です。よって、この語を移動します。--ShikiH (トーク) 2015年11月12日 (木) 10:06 (UTC)
「貴賤」への移動に賛成します。もちろん「賎」の字が間違っているわけでは決してありませんが、編集と検索の便を考えると、主項目の項目名は異体字のうち一般的なものを使用したほうがよいと思います。「賤/賎」は常用漢字や人名用漢字ではありませんが、表外漢字字体表にはあり、そこでは「賤」が印刷標準字体とされています。また、「賤」はJIS X 0208に含まれていますので、どの日本語環境でも表示できると考えられ、その点でも問題ありません(なお、「賎」もJIS X 0208に含まれています)。--Usagiuma (トーク) 2015年11月12日 (木) 15:30 (UTC)
賛成 賛成 現在の常用漢字表に無い字で、略体と元の形とを持ち、且つJISに両方の形が収録されているものは、元の形の方を項目名に採用して特に問題はないと思われます。よって、移動に賛成致します。なお、現在Wiktionary上に「貴賤」のinterwikiは英語版朝鮮語版の二種類が存在しています。--Eryk Kij (トーク) 2015年11月12日 (木) 15:48 (UTC)