哀哭

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

(あいこく)

  1. 嘆き悲しんで、声を立てて泣くこと。
    しばらくの間はむせび悲しむ声が続いた。しかし、おもむろに哀哭の声は消えて、またそれに続いた非常な静かさの内に、芳一は老女であると考えた女の声を聞いた。(小泉八雲 戸川明三訳 『耳無芳一の話|』 )