出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」、「口」を衣で隠しものを言うのを押さえて悲しみを堪えること。「」(胸につかえる思い)、「」(言葉がつかえる)等と同系(藤堂)。「口」は神器であり死者の胸元(衣)に置いたと事からとされる会意(白川

意義[編集]

  1. あわれむ
  2. かなしむ


日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

(あい)

  1. なげくこと。かなしむこと。あわれむこと。

熟語[編集]

成句

中国語[編集]

*

朝鮮語[編集]

*

ベトナム語[編集]

*

代名詞[編集]

  1. だれ

コード等[編集]

点字[編集]