小乗仏教

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

小乗 仏教(しょうじょうぶっきょう)

  1. 上座部仏教または南伝仏教のこと。小乗とは、大乗仏教の側から、上座部の部派や、主として当時(紀元前1世紀ごろ以降)の説一切有部(せついっさいうぶ)の思想を評して言った言葉。侮蔑的な意味あいを含むことから、今ではほとんど使われなくなっている。

発音[編集]

ショ↗ージョーブ↘ッキョー

関連語[編集]