得手に帆を揚ぐ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

ことわざ[編集]

得手揚ぐ(エテにホをアぐ)

  1. 得手に帆を揚げる」の古い表現。

参照[編集]

  • 上方いろはがるた:縁と月日
  • 尾張いろはがるた:閻魔の色事
  • 幸田露伴『東西伊呂波短歌評釈』
    • 東は意を得て勢に乗ずるを云ひ、西は因縁の到来と日月の経過とを待ち得ば、苦去り甘来らんと云へるなり。むかしは、「縁と月日」と云ふ語ならずして、「栄曜に餅の皮むく」と云へる語なりし由也。