得手に帆を揚げる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

ことわざ[編集]

得手揚げる(エテにホをアげる ゆれ:得手に帆を揚ぐ

  1. 機会恵まれ自分得意を(調子乗って)おおいにふるうこと。
    • 柏原の駅で泊るべき予定を、わざわざこの良夜のために、寝物語の里まで伸(の)して、そこで風流を気取ろうとして来てみた、二人の被布(ひふ)を着た風流客は、意外にも、たのみきって来た風流寝物語の里はあだし先客に占められてしまった溢(あぶ)れの身を、せん方なく、もう一里伸して不破古関で月を眺めることによって、一段の風流を加えようという気になって、得手に帆を揚げるような下り坂の道を、車返しでも(きびす)をめぐらすことをせず、悠々として月の夜道をたどりました。(中里介山大菩薩峠』)

類義語[編集]