悪木盗泉

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(あくぼくとうせん)

  1. どんなに苦痛でもその道に背を向けることはしてはならない。
  2. 少しでも、疑われるような行動はとらない。

類義語[編集]

出典[編集]

陸機『猛虎行』の一節『渇不飲盗泉水、熱不息悪木陰』より。「渇不飲盗泉水」は、孔子が旅の途中に、のどが渇いて泉に立ち寄った際に、その泉の名が「盗泉」という名であったというだけで、水を飲むのを避けたという故事による。