理屈

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

別表記[編集]

本来は「理窟」であるが、「理屈」も昔から使用されていた。「同音の漢字による書きかえ」には、「理窟」の書きかえとして「理屈」が記載されている。

名詞[編集]

 (りくつ 「理窟」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. の通った論理道理
    • 理屈に合う
    • 「(略)憚りながら、それは役者というものをご存じのないおかんがえ、小鰭の鮨売の型をとるためなら決して、じぶんで鮨売などにはなりません。鮨売の後からついて歩いて、声の調子やメリハリの細かい勘どころを仔細に見とりいたします。じぶんが鮨売になったのではそういう見とりは出来ません。(略)」/顎十郎はうなずいて、/「(略)……なるほど、こいつは理屈だ。型をとるのにじぶんが鮨屋になるやつはない。もっとも過ぎておかしなくらい。(略)」(久生十蘭『顎十郎捕物帳 小鰭の鮨』)
  2. 無理こじつけた論理。論理だけに偏り現実に合わない口実説明屁理屈
    • 理屈をこねる
    • 理屈を付ける

発音[編集]

リ↗

関連語[編集]