出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。は「」+「」で、耕して筋目をつけるの意。玉を磨いて筋目をつけること、から、物事に筋目をつけるの意が生まれた。

意義[編集]

  1. おさめる。
    1. みがく。
    2. ととのえる。
      整理
    3. さばく。裁判する。
      審理
    4. はからう処置する。
      処理
    5. つくろう。
      修理
  2. ことわり。(物事の)筋目すじめ筋道すじみち
    道理理由理非理非弁別
  3. 宇宙本体
    • 対義語:
  4. きめ
    1. 表面にあるこまかいすじ
    2. 皮膚きめ
    3. 木目もくめ 

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. きめ表面にあるこまかいすじ
  2. ) 物事の経緯が、当然にそのようになること。物事筋道
    盗人にも三分の理

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 道理

動詞[編集]

  1. 整理する
  2. 相手にする

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*


ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 理由

コード等[編集]

点字[編集]