至徳

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

至德 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

しとく

  1. 最高の徳。また、それが備わった人。

発音[編集]

し↗とく

固有名詞[編集]

(しとく)

  1. 日本元号の一つ。南北朝時代北朝用いられた。永徳の後、嘉慶の前。1384年2月27日から1387年8月23日までの期間のこと。

由来[編集]

孝経

  • 「先王有至徳要道、以訓天下、民用和睦、上下亡怨」より