出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

至-oracle.svg 至-bronze.svg 至-seal.svg 至-bigseal.svg
甲骨文字 金文 小篆 流伝の古文字
西周 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. いたる。目標地点に来る
    至極
  2. (前置詞的)~まで。~にいたる。
    「至京都」「自始至終
  3. もっとも
    至高至低至難至近至福
    1. もっとも上の。最高の。
      至宝至誠至論至音
  4. 際限
    夏至
類義字
  • (いたる):
  • (もっとも):
対義字
  • (~まで):(~から)

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

介詞[編集]

  1. (文語 移動の終点)~まで
  2. (文語 時間の終点)~まで。

副詞[編集]

  1. (広東語)もっとも一番
  2. (広東語)~してはじめて

類義語[編集]

対義語[編集]

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]