anoint

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

英語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

古フランス語 enoint (enoindre の過去分詞) < ラテン語 inungere, in + ungere 又は unguere

発音(?)[編集]

  • IPA: /ʌˈnɔɪnt/
  • 押韻: -ɔɪnt

動詞[編集]

anoint (三単現: anoints, 現在分詞: anointing, 過去形: anointed, 過去分詞: anointed )

  1. あぶら香油)をってきよめる。
    • And behold, a woman who was in the city, a sinner; and when she knew that he was sitting at meat in the Pharisee's house, she brought an alabaster cruse of ointment, and standing behind at his feet, weeping, she began to wet his feet with her tears, and wiped them with the hair of her head, and kissed his feet, and anointed them with the ointment.
      この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持ってきて、後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った。(ルカ7:37-38(新共同訳による))
  2. 選定する。

関連語[編集]

アナグラム[編集]