itarara

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

itarara (Python sebae)

発音[編集]

  • IPA: /ìtá(ː)ɾàːɾáꜜ/
Benson (1964) によれば 1番目と2番目の a は長母音である。
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス8」で、他に同クラスの3音節語幹語には gĩtayaayangũngũniweereerebaatĩrĩ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕湯川 (1981) では itaraara として gĩcigĩrĩrangũngũnikĩĩhurutanjegeekegĩtumumu などと共に「二峰型」というアクセントの括りに分類されている[1]が、湯川 (1985) では左記の名詞群のうち kĩĩhurutanjegeekegĩtumumu と共に「二峰高高型」に再分類されている[2]
  • 〔ナイロビ方言〕湯川 (1985:199,201,202) によると孤立形は [ìtáɾààɾá] であるが、前に がある場合は [né ítàɾààɾá]、前に ti がある場合は [tí ítáɾààɾá]、前に kũhe(動詞〈与える〉の不定形)がくる場合には [kòhɛ̀ ítàɾààɾá] となるなど前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[2]

名詞[編集]

itarara クラス5(複数: matarara

  1. ニシキヘビ科ニシキヘビ属Python)。特に、アフリカニシキヘビ (wp)Python sebae)。

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  2. 2.0 2.1 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  3. Koigi wa Wamwere (2002). I Refuse to Die: My Journey For Freedom, p. 74. Seven Stories Press.
  4. Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. I, p. 461. ISBN 0-12-439901-0
  5. Muiru, David N. (2007). Wĩrute Gĩgĩkũyũ: Marĩtwa Ma Gĩgĩkũyũ Mataũrĩtwo Na Gĩthũngũ, p. 33.
  6. "itarara" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 433. Oxford: Clarendon Press.
  7. Ehret, C. and E. D. Elderkin and D. Nurse (1989). "Dahalo lexis and its sources", p. 8. In Afrikanistische Arbeitspapiere 18, pp. 5–49. Schriftenreihe des Kölner Instituts für Afrikanistik, University of Cologne.