gĩtumumu

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

発音[編集]

最後から2番目の u は長母音である[1]

Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス8」で、他に同クラスの3音節語幹語には gĩtayaayangũngũniweereerebaatĩrĩ などがある。

  • 〔キアンブ方言〕
  • 〔リムル方言〕IPA: /ɣetúmùːmúꜜ/
湯川 (1981) では gĩcigĩrĩrangũngũninjegeekegĩtumumuitararakĩĩhuruta、また njeneni などは同じアクセントの型に分類されている[2]
  • 〔ナイロビ方言〕湯川 (1985:195,199,201) によると孤立形は [ɣètúmùùmú] であるが、後ろに gĩakwa〈私の〉が続く場合は [ɣètúmùúmù]、前に がある場合は [né ɣétùmùùmú]、前に ti がある場合は [tí ɣétúmùùmú] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[3]。湯川 (1985) は kĩĩhurutanjegeekeitarara と共に「二峰高高型」の名詞に分類している。
  • 〔ムランガ方言〕IPA: /ɣétúmùːmúꜜ/
Kagaya (1982:32) によると、孤立形および後ろに がある場合は [ɣètúmùːmú]、前に がある場合は [ɣéꜜtúmùːmú]、前に ti がある場合は [ɣétúmùːmú] となるが、この音調の変動のパターンは nyamĩndigi と同様のものである[4]
  • 〔ニェリ方言〕IPA: /ɣètúmùːmúꜜ/
Kagaya (1982:34) によると、孤立形は [ɣètúmùːmú] で、後ろに がある場合は [ɣètúmùːmúꜜ]、前に がある場合は [ɣétúmùːmú]、前に ti がある場合は [ɣéꜜtúmùːmú] となるが、この音調の変動のパターンは mũnyongoro と同様のものである[4]

名詞[編集]

tumumu クラス7(複数: atumumu

  1. 〔軽蔑的に[5]盲人めくら

類義語[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. "tumumu" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  2. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  3. 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.
  4. 4.0 4.1 Kagaya, Ryohei (1982). "Tonal Analysis of Kikuyu Nouns in Three Dialects: Murang'a, Nyeri and Ndia." In Journal of Asian and African Studies, No. 24, 1–42.
  5. wa-Mungai, Mbugua (2009). ""For I name thee…": Disability Onomastics in Kenyan Folklore and Popular Music." Disability Studies Quarterly: the first journal in the field of disability studies 4(29). ISSN 2159-8371