mũhooru

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

mũhooru (Plectranthus caninus)
mũhooru (Plectranthus caninus)
mũhooru (Heliotropium indicum)
mũhooru (Hagenia abyssinica)

異表記・別形[編集]

発音[編集]

  • IPA: /mòhɔ̀ːɾú/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス4」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩng'ang'ingũkũkĩeha などがある。

名詞[編集]

hooru クラス3(複数: mĩhooru

  1. 特定のシソ科植物
    1. 草本 (wp)Plectranthus caninus[3]
    2. 草本あるいは低木Pycnostachys umbrosa[2][3]。かつては呪いをかけられた者に催吐剤 (wp)として呪術師による処方がなされた[3]
  2. ムラサキ科キダチルリソウ属の草本、ナンバンルリソウ (wp)Heliotropium indicum[3]
  3. バラ科ハーゲニア属高木 (wp)コソノキ (wp)Hagenia abyssinica[1]

類義語[編集]

〈コソノキ〉

備考[編集]

Benson (1964) は「高木の一種」であるとしている。

参照[編集]

Plectranthus spp.〉

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Maundu, Patrick and Bo Tengnäs (eds.) (2005). Useful Trees and Shrubs for Kenya, p. 260. Nairobi, Kenya: World Agroforestry Centre—Eastern and Central Africa Regional Programme (ICRAF-ECA). ISBN 9966-896-70-8 Accessed online 3 October 2018 via http://www.worldagroforestry.org/usefultrees
  2. 2.0 2.1 Beentje, H.J. (1994). Kenya Trees, Shrubs and Lianas. Nairobi, Kenya: National Museum of Kenya. ISBN 9966-9861-0-3
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Leakey, L. S. B. (1977). The Southern Kikuyu before 1903, v. III, pp. 1306, 1323. London and New York: Academic Press. ISBN 0-12-439903-7

参考文献[編集]