井の中の蛙大海を知らず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

ことわざ[編集]

なかかわず大海たいかいらず

  1. 「小さな井戸の中にいる蛙は、大きな海などの井戸の外にある世界のことを知らない」と言う意味から、自分の狭い知識にとらわれてしまい、物事の大局的な判断ができないこと。

由来[編集]

荘子 秋水篇」より

  • (白文)井鼃不可以語於海者、拘於虛也。夏蟲不可以語於冰者、篤於時也。曲士不可以語於道者、束於教也。(「」はアマガエル。「」とするテキストもあり)
  • (訓読文)井鼃は以って海を語るべからざるは、虚に拘ればなり。夏虫は以って冰を語るべからざるは、時に篤ければなり。曲士は以って道を語るべからざるは、教へに束ねらるればなり。
  • (現代語訳)井の中の蛙と海のことを語ることができないのは、虚(くぼみ)のことしか知らないからである。夏の虫と氷のことを語ることができないのは、もっぱら夏の時季のものだからである。曲士(心のよこしまな人、あることに秀でる人とも)と「道」の事を語ることができないのは、ある教条にとらわれているからである。

関連語[編集]

同義句[編集]

翻訳[編集]