出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「―(直線)」+「」でまっすぐに見る。

意義[編集]

  1. まっすぐな、曲がっていない。
  2. 曲がったものを、まっすぐにする。
  3. 間違っているものを正しくする。なおす
  4. 曲がらないで、まっすぐに。
    直接

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. じき
    1. 間にものが介在していない様、直接
      関連語:直直
      帰る時もから(じき)本所側に上って、自分の屋敷へ行く、まことに都合好くなっておりました。(幸田露伴『幻談』)〔1938年〕
    2. (主に時間が、空間の場合、移動を伴いその時間が)非常に接近していること。
      ここを退院なさると(じき)でした、御亡くなりになったのは(夏目漱石 『変な音』)〔1911年〕
      もうよほど歩いたから、発光路も(じき)だろうと、道程を聞いて見ると、ちょうど半途だというので、それからまた勇気を附けて歩きましたが、歩いても、歩いても発光路へは着かない。(高村光雲 『幕末維新懐古談 栃の木で老猿を彫ったはなし』)〔1929年〕
    3. 関係が非常に近縁であること。
      (じき)の妹なんざ、随分脱兎のごとしだけれど、母様の前じゃほとんど処女だね。(泉鏡花『婦系図』) 〔1907年〕
  2. じか
    1. 間にものが介在していない様、直接
      君は農家を訪れたことがあるか。入口の庭が広く取ってあって、台所のから(じか)裏口へ通り抜けられる。(島崎藤村 『千曲川のスケッチ』)〔1912年〕
  3. あたいあたえ 歴史的仮名遣い:あたひあたへ)古代日本において、県主あがたぬし等に与えられたかばね

副詞[編集]

  1. じき)短い期間のうちに、すぐにと言うわけではないが、そうなるまでに大きな変化はなく。
    「私ももう(じき)五十二になります」 自分は老師のこの言葉を聞いた時、なるほど若く見えるはずだと合点がてんが行った。(夏目漱石 『初秋の一日』)〔1912年〕

熟語[編集]

中国語[編集]

*

形容詞[編集]

zhí

  1. まっすぐ
  2. 垂直
  3. たて
  4. 素直

動詞[編集]

zhí

  1. まっすぐにする

副詞[編集]

zhí

  1. しきりに
  2. ずっと
  3. まるで

名詞[編集]

zhí

  1. (漢字の字画)縦棒

人名[編集]

Zhí

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]