出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

色 色 色
甲骨文字 金文 大篆 小篆

「大篆」についての正確性は未検証

意義[編集]

  1. 男女間の情欲
  2. 容姿の美しさ
  3. 顔色、顔つき表情
    子夏問孝、子曰色難、有事弟子服其勞、有酒食先生饌、曾是以爲孝乎(『論語・為政第二』)
    子夏孝を問ふ、子曰く「色難し、事有りて弟子其勞に服す、酒食有れば先生饌す、曾ち是を以ちて孝と爲すか。」
    子夏がとは何かを聞いた。先生が言った、「表情が難しいね、用事があって目下の者がそれを済ませたり、酒や食べ物を目上の者がまず食べること(を表情に出さずさりげなくやる)、こういうことを孝言うのかな。」
  4. いろ、光の波長の違いにより生ずる視覚効果。

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. いろ)可視光スペクトルに起因する視覚効果。
  2. いろ)異性のセックスアピール色気
  3. いろ 俗語)愛人
  4. シキ)〔仏教〕認識の対象となる物質的現象すべて。→w:色 (仏教)参照
    サンスクリット"ruupa"の訳。感覚器官(眼・耳・鼻・舌・身・意)によって認識する対象(境)の一つ。対義語は「」。
    色即是空

熟語[編集]


中国語[編集]

名詞[編集]

  1. いろ色彩

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]