łajdak

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポーランド語[編集]

語源[編集]

Brückner (1927) によると18世紀以降にチェコから伝わった語(参照: チェコ語 lajdalaidati se 〈ぶらつく〉、lajdák 〈放浪者〉 < landati 〈うろつく〉)で、ポーランド語の史料でも〈物乞いすること〉を仄めかす łandykuje が1599年、dajcie łantyce[注 1] なる表現が1661年に見られ、またポーランド語の方言にも landzićlędzić 〈物乞いする〉が存在する。他のスラヴ語でも landatilandarati 〈ぶらぶらする〉といったブリュクネルいわく「明らかな外来語」が見られ、ドイツ語 landernschleudern と関連する可能性もあり得る。

発音[編集]

  • IPA: /ˈwajdak/

名詞[編集]

łajdak 男性 人間(主格・複数: łajdaki/łajdacy)(女性: łajdaczka

  1. ごろつき悪党悪漢

格変化[編集]

類義語[編集]

派生語[編集]

形容詞:

名詞:

動詞:

他言語への影響[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 二語目は Sławski (1970) では żebrakowi 〈乞食に〉の意と推定されており、全体で〈乞食にくれ〉の意となる。また二語目を与格単数形であると仮定すると、主格形は łantyka となる。

参考文献[編集]