主格

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

この単語の漢字
しゅ
第三学年
かく
第五学年
音読み 音読み

発音[編集]

名詞[編集]

(しゅかく)

  1. 文中において動詞の表す動作を行うもの、または作用・性質を働かせているものをあらわす。日本語では格助詞「」または「」「」をつけて表す(例. 「私は駅へ行く」という文において「私は」がそれにあたる)。口語や古典日本語では体言がそのまま主格を表すことがある(例. 「きょう月曜日だよな」「吾十有五にして学に志す」という文において「きょう」「吾」がそれにあたる)。

関連語[編集]

翻訳[編集]


中国語[編集]

名詞[編集]

主格 (ピンイン:zhǔgé 注音符号:ㄓㄨˇㄍㄜˊ)

  1. (日本語に同じ)主格

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

主格 (ハングル 주격)

  1. (日本語に同じ)主格