いずれ菖蒲か杜若

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

成句

[編集]

いずれ菖蒲あやめ杜若かきつばた(表記のゆれ:「いずれ菖蒲杜若」「いずれ菖蒲杜若」など)

  1. 優れているものが複数あって、選択に迷う例え。特に、美しい女性が複数いる場合に用いる。